CNC 摩擦圧接機
CNC 摩擦圧接機の特徴及び長所
 
生産性向上
  サ-ボモ-タ-による制御性及び速度向上で非作業時間が減少
  油圧油の温度変化による影響を受けないで稼動率が向上
  素材の長さによってストッパの自動移送で機械セット時間短縮
 
品質改善
  摩擦溶接推力のサ-ボ化(サ-ボモ-タ+ボ-ルネジ)で 高精度の溶接
  油圧式で発生する周囲温度による品質問題が改善
  主軸モ-タ-のサ-ボ化で位相を持つ製品も容易に溶接可能
 
原価改善
  非作業時間の減少でサイクルタイムの短縮
  作業時間だけサ-ボモ-タ-が作動してエネルギ-効率が高まる
  油圧タンクの小型化で設置空間が減少
 
親環境
  油圧式に比べてCO2の排出量が減少
  - 油圧タンクの小型化で廃油発生及び騒音が減少
   
基本CNC摩擦圧接装備
 
 
テクニカル デ-ダ CNC 5 SF/DF CNC 12 SF/DF CNC 22 SF/DF
公称鍛造推力 ton 5 12 22
停止角度精密度 角度

±0.5°

接合範囲 (軟鋼) mm 6~20 10~30 15~45
主軸回転数 rpm 3000 2000 2000
主軸行程 mm 250 300 400
最大圧接面積 ( 軟鋼 ) mm2 350 800 1500