油圧式 摩擦圧接機
摩擦圧接の特徴及び長所
 
生産性向上
  溶接時間が短く、作業効率が高い。
  操作が容易く、熟練工が要らない。
  オ-トロ-ダ-の付着で無人化が出来る。
 
品質改善
  溶接の再現性が高く、 安定した接合強度が得られる。
  熱歪が少なく,高く寸法精度が得られる。
  溶接部の気孔発生がない。
 
原価改善
  溶接棒,溶剤などが要らなく、 特別な開先加工を必要としない。
  異種金属及び非鉄金属の接合が出来る。
  材料費,加工費、鍛造費が減少される。
 
親環境
  エネルギ-消費の最少化。
  - 煙、ガス、ヒュ-ム、 粉塵など有害物質発生の最少化。
   
基本摩擦圧接装備
 
 
テクニカル デ-タ 8 SF/DF 15 SF/DF 30 SF/DF 60 SF/DF 100 SF/DF 125 SF/DF
公称鍛造推力 ton 8 15 30 60 100 125
主軸モ-タ-出力 KW 17.5 22 37.5 55 90 112
主軸最高回転数 rpm 3,000 2,500 2,000 1,300 1,000 1,000
接合範囲 (軟鋼 ) mm 4~28 8~38 20~50 25~80 45~100 50~125
最大圧接面積 ( 軟鋼 ) mm2 600 1,100 2,000 5,000 7,850 11,500